納税を前向きにとらえるコツ

大切な会社に利益を与える喜びを重視しましょう。

経営者にとって税金とはどういうものでしょうか。安心安全な社会システムの維持発展に必要なものだと頭では分かっていても、いざ納付書の金額を見ると「・・・」というのが心情ではないでしょうか。

・高すぎる。なぜこんなに払わなくてはならないのか。
・どうせ政治家に無駄遣いされるだけだ。
・払ってしまったら資金繰りが厳しくなる。

思うところはたくさんありますが、法律に則って会社経営を行う以上、残念ながら納税から逃れることはできません。節税にも限界があります。そうであれば、納税を少しでも前向きに捉えられた方が幸せです。困難な課題ではありますが、「利益」がヒントになるかもしれません。

会社は利益を栄養素としています。利益を与えなければ会社は弱り、最後は死んでしまいます。経営者にとって自分の会社はかけがえのない存在でしょう。絶対に死なせたくないはずです。人間が生きていくには食事が必要なように会社には利益が必要です。

利益を与えれば与えるほど、会社は大きく健康に育ちます。会社の健康度合は貸借対照表の自己資本を見れば分かります。自己資本とは資本金と累積利益の合計です。自己資本が多ければ多いほど体力があります。資本金が1円で生まれてくる会社もあれば1億円の会社もあります。生まれながらにして会社の基礎体力は違いますが、利益という栄養素を与えることで体力は強化できます。

全ての経営者が会社を大きく健康に育てたいと考えているはずですが、実際には最低限の利益しか会社に与えない経営者も多くおられます。理由のひとつとして利益は税金との交換でしか手に入らないためです。本当は利益を出せるのに税金を払いたくないというメンタルが利益を最小限にとどめてしまいます。

頑張って稼いだ利益が納税で半分近く減ってしまう喪失感は言葉に出来ません。利益をあげようという意欲を失うのも理解できます。しかし、かけがえのない会社のことを思うならば、税金を払いたくないという思いよりも、大切な会社に利益を与えられる喜びを重視してはいかがでしょうか。

税金も全部払った残りで借金を返す。そのためには、高収益でなければならない。

早く借金を返し終わり、さらに会社に利益を残せる高収益企業を目指してみませんか。

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

【Category:財務

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

TEL03-5787-8282受付時間/平日9:00-17:00

お問い合わせ