財務機能の欠如が中小企業の課題

中小企業の財務は誰がになっているのでしょうか?というご質問を投げかけると「経理の担当者がやっています。」あるいは「税理士さんに任せています。」という回答になるのではないのでしょうか・・・
しかし、経理や税理士さんが主に行っている業務は税務業務であり、財務業務は似て非なる業務です。

財務の最も重要な役割は資金調達です。金融機関の考え方を理解し、金融機関が評価する決算書や資料を作成し、会社の実力相応の資金調達を行うことがミッションです。おそらく、貴社の経理担当者や税理士さんにお聞きすると、そのようなミッションを与えられた覚えはないとお答えになるはずです。

経理や税理士さんに財務を任せているという思い込みは大変危険です。特に会計処理については、思わぬ形で資金調達に悪影響を与えることがあります。今一度、雇用契約書や顧問契約書を再確認してください。殆どの中小企業において、財務業務を誰もカバーしていないことが分かると思います。

財務機能が欠けていることで、本来受けられるべき融資を受けられていない企業様が多数あります。融資の審査資料として、税務目線で作成された決算書を提出するだけでは不十分です。
そもそも決算書は、税務署だけでなく金融機関の目も意識して作成する必要があり、また、融資申込時には必ず計画書を添える必要があります。


○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

【Category:資金調達

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

TEL03-5787-8282受付時間/平日9:00-17:00

お問い合わせ