FAQ

FAQ

会社を設立するにあたり資本金はいくらにしたらいいですか?

現在の会社法では、資本金1円から設立が可能です。しかし金融機関や取引先関係等からの信頼性や資金繰り等からできれば300万円程度の資本金額があるといいかと思います。現金を出資できない場合は、車両や機械などの固定資産を出資する方法がありますので、ご相談ください。

「雨が降ってきたから傘(お金)は貸さない、晴れている時は傘(お金)を貸すと言う」銀行とはどんなところだ?

金融機関は総じて、「雨が降っている時には傘を貸しません。晴れたら傘を貸しに来ます。」金融機関にあるのはすべて「日傘」ですから当然です。金融機関にある傘はすべて「日傘」であって「雨傘」ではないことを理解してください。金融機関対応はこの趨勢を理解して行わないと本事案の様な間違えを起こします。
※「雨傘」は、国策としての制度融資や制度保証として時々貸し出される例外です。

◎当事務所にて財務診断を行いましたが、足元の業績の悪化が顕著で、新規借り入れの返済原資となるキャッシュフローの見込みが立ちません。新規の借入れは無理です。
経営改善計画書を作成して既存借入れのリスケジュールを即座に実行しました。

「資金繰りに時間が取られる。いつも気を使っている。」

借入れ余力があるにもかかわらず、手持ち資金を極小にして、その結果資金繰りに時間と神経を使っておられる社長様は少なくありません。
◎当事務所にて、月商の2か月分程度の資金を、通年を通して持ち続ける資金計画を作成し、運転資金の調達、継続管理、借換えの継続実施を行いました。

「新しい投資計画書を示しながら新規の融資を打診したが、計画書の内容を確認するまでもなく、『融資は難しいです。(銀行担当者)』」と言われた。

金融機関は、新規の融資を検討する時、まず、直近の決算書(及び試算表)を確認します。この決算書と足元の推移が健全であると判断した時に、新規融資の検討を開始します。健全でなければ、新規融資の検討自体を行いません。
1.キャッシュフロー(税引後利益+減価償却費)金額が、現時点の借入総額の10分の1以上であること。
2.債務超過でないこと。
◎当事務所にて、診断を行った結果、新規融資を受けられる可能性は極めて低いことがわかりました。相談者様に対しては、融資を受けられない理由、どうなれば融資を受けられるのかをご説明して納得いただきました。

「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」

「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」創業当初から極めて順調な立ち上がりですが、300万円の資本金と、創業融資700万円、売上の割には小資本とも言えます。
◎当事務所にて、近未来の資金繰りシミュレーションを実施しました。併せて資金調達計画を明示して、即刻資金調達できる旨を伝えて、この資金調達計画を資金繰り計画に織り込みました。必要な資金調達に関しては、当事務所が窓口になって金融機関に対し適時対応いたしました。

保険のことについて相談できますか?

はい。お任せ下さい!当事務所ではほとんどの生命保険、損害保険についてお見積りを取ることができます。お客様のご事情を考慮した上で、最適なご提案をさせていただきます。